初心者でも安心☆投資顧問業を学ぼう!

NISA(ニーサ)やアベノミクスの影響で投資を始める個人投資家が多くなってきましたが、それと同時に投資顧問業者も増えてきています。
投資知識がない状態での初めての投資はとても不安ですよね。
そこで、評判の投資顧問を利用する方も少なくはありません。
投資顧問業には2つの種類があります。
“投資運用業”と言われる、投資の判断と投資に必要な権利・権力の範囲を投資家より委任されておこなう『投資一任業務』
“投資助言・代理業”と言われる、投資判断は投資家自身で投資家から委託され運用を行う『投資代理業』、銘柄・数量・価格・売買の時期など投資判断についてのアドバイスだけをする『投資助言業』があります。
評判の高い業者もあれば詐欺まがいな業者もあり、投資運用業者を利用する際は業者選びがとても重要になってきます。
金融商品取引法の規定により登録を受けることになっており、財務局長から登録番号が与えられるので投資運用業者を利用する際には確認しておくと良いでしょう。
ちなみに投資運用業は“投資顧問会社”として適当と認められ許可されなければいけませんが、認可されるには投資運用業の財産基礎や収支の可能性、知識や経験・社会的信用の面で人的構成が基準に適合するかなど、厳しい審査基準をクリアしなければ認可されないので、投資助言・代理業は1000社ほど存在しますが投資運用業は300社ほど・・・その中でも不祥事のある業者がいくつか存在しているので、評判の業者・怪しい業者を注意して見極めなければいけません。

初心者でも安心!気楽に投資を始めよう!話に聞く投資顧問業の評判は?ベルーガアジアLOG

投資を始める前に投資顧問の評判を確かめよう!